今井 良太

今井良太
国家資格 鍼灸マッサージ師
日本美容鍼灸マッサージ協会 認定美容鍼灸師

神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
2歳の娘がいるパパ鍼灸師です。


進学校と言われる高校にギリギリで合格。
しかし、周りのレベルに付いていけず、一気に勉強嫌いに。唯一の楽しみの場が放課後の柔道部。小さな体格を活かして、柔よく剛を制す。高校から初めた柔道でも、のめり込み黒帯に。

しかし、身体への負担が大きく、膝を痛め思うような成績が出せず気持ちも後ろ向きに・・・。その時、膝の治療で鍼を受けて膝の痛みが楽になりもう一度ちゃんと柔道が出来るようになりました。辛い痛みが無くなり、やりたいことが出来る楽しさ。身をもって鍼の凄さを体験したことが鍼灸師の原点です。


父は2代目の床屋さんです。
地域の常連さんでお店が賑わっているの幼少期から見て育ってきました。サラリーマンとして働くイメージが浮かばず、鍼灸師の選択は、いわゆる手に職という自然な流れでした。自分のお店を持ちたい。という思いはこの頃からありました。


高校卒業後、鍼灸マッサージの専門学校入学。
同級生の平均年齢は30代前半。上の年齢の方と接することで、自然と礼儀と節度のある人付き合いを学びました。苦手意識のあった勉強も、好きこそものの上手なれ。解剖学(筋肉や骨)と生理学(身体の働き)の結び付きの面白さ。そして、東洋医学の底知れぬ可能性へのワクワク感。すべてが未知の世界で3年間があっという間でした。


学校卒業後
晴れて国家資格であるはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師を取得。さいたま市にある鍼灸マッサージ院に入社。店舗の拡大とともに、店長職を経験。毎日平均4人以上(60分以上の全身の鍼マッサージ)の施術をしていく傍ら(10年間で10.230人)新卒スタッフの手技、接客の教育。しっかり鍼が打てる後輩を8人育成。

辛い(痛い)部分だけでなく、全身のバランスを整える施術をしていくことで身体の内側から元気に、身体本来の回復力を補う鍼特有の効果により全身が楽になったと、喜んでいただきました。さらに嬉しいことに顔へのアプローチをしていないのにも関わらず、顔色がパッと明るくなり、目元もスッキリ。さらにステキな笑顔になるんです。


もし、【今の身体の施術に、プラスして顔へのアプローチ】をしたら・・・さらに喜んで貰えるのではないのか?と思い、顔への施術だけでなく、体(体質改善)の鍼も大切にしている(財)日本美容鍼灸マッサージ協会の、ハリウッド式美容鍼灸(R)に出会いその即効性、変化に驚き、まさに僕が求めているものはコレだ!と強く思い世界基準の美容鍼灸(R)の技術を習得し直しました。


性格は、おっとりマイペースで、多少の抜けも(愛嬌です・・・)
基本的には協調性があるが独自の世界観やこだわり、芯の強い部分もあり(院内の内装や、小物一つ一つに想い入れがあります)頑固もの、おじいちゃんの様と周りからは言わることが多いです。声のトーンが小さすぎて、「声が聞こえない」と、よく奥さんから言われます。


趣味は
将棋、相撲、苔盆栽、釣り、コーヒー、ミステリーと、渋めです。甘いものは大好き。魚も釣りの影響から、さばけます。料理も得意です。